[記事公開日]2016/02/14
[最終更新日]2017/01/31

新入社員の営業力を強化。一筆箋をビジネスに使い自己紹介、挨拶のチャンスを活かす

あなたは新入社員ですか?
営業職はもちろん、事務職ならあたりまえ、机の引き出しには1冊、一筆箋(いっぴつせん)を常備しておきましょう。

あなたの自己紹介や挨拶に、この一筆箋を使い、営業力を格段に強化する秘策を授けます。

チャンスは活かしましょう。
逃さず、逆に引き寄せるくらいの勢いでいきましょう。

ビジネスに絶大な効果があります。この先は心静かにお読みいただき、その後は、即実行、です。

新入社員のあなた、書類送付の案内状を入手しましょう

営業職も事務職も、この書類送付の案内状は必須アイテムです。
企業によっては冊子のようになっていて、企業名が印刷された立派なものを使っているところがあります。

複写式になっていて、いつ、どこの、誰に、どのような書類を送ったか、記録が残るようになっています。

これは隠れたお役立ちアイテムですので、総務部、用度課、などに常備してあるかと思います。

入社して日が浅い場合は支給されないと思いますが、いずれ必ず必要になりますので、覚えておくように、お願いします。

書類送付の案内状(見本)とはこのような書式です。

平成○○年◯◯月◯◯日

 _________様

株式会社○○○
〒000-000 ○○県○○市○○区○○町1番地1号
電話(000)0000-0000 fax(000)000-000

                                   部署:

                                   担当:

書類送付のご案内

拝啓
貴社におかれましては、ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
早速ではございますが下記の書類をお送りします。ご査収の上よろしくご手配を賜りますようお願い申し上げます

敬具

添付書類:       枚
備考:

新入社員のあなたに、一筆箋とは

一筆箋とは短冊型の細長い便箋のことです。
縦18センチ×横8センチほど。B5サイズの1/4(4分の1)くらいでしょうか。

便箋と比べると文字数は1/5(5分の1)ですみます。
100円ショップでも見かけるようになりました。

新入社員の自己紹介、お取引先様にお会いした直後にすること

営業部門に配属された新入社員の名刺が間に合わなくて、慌てることがあります。

名刺作成の担当部署もあなた同様、なぜ間に合わなかったの、と焦っていると思いますが。
また、せっかく作っていただのに、名刺の名前に間違いがあり、使えない場合もあります。

そのような際は、上司に相談して、模擬名刺を作りましょう。

当面は、上司や先輩社員に付いてお取引様を回ることでしょう。

「名刺が出来上がりましたら、再度ご挨拶にお伺いしたいと思います、と先方に伝えても良いですか」と尋ねておきましょう。
新入社員ですから、何事も一人で突っ走らないことです。

お取引様が来社された時も同様です。

模擬名刺をお渡ししたまま、その後、何もしないなんてあり得ませんからね。

スポンサーリンク

営業力を強化するために、お取引先様にお会いした直後にすることは、一筆箋で自己紹介、挨拶状をお出しする、ということです。

面倒でも、行動です。チャンスは逃してはいけません。
活かすものです

新入社員の営業力強化、一筆箋の書き方

お会いして頂いた、お取引先様、ご担当者様に一言、お礼の言葉を書きましょう。
その日のうちに投函しましょう。速攻でなければチャンスは活かせません。

一筆箋、文字はゆっくり書く。書道家武田双雲さんのアドバイス

文字はゆっくり書きましょう。
ゆっくり書くと誰でも上手になります。

と、書道家の武田双雲さんはおしゃいました。

ゆっくり書くと、例えば漢字一文字の横一が長すぎた、と思ったら、次のはらいを長めに、など、バランスを考える余地ができます。
1個所バランスが崩れても、次はどのように書こうかと考えると、きれいな字が書けるようになります。

慌てて書くと勢いがついているので取り返しのつかないことになります。

1個所、シクジッタなと思ったら、次でバランスを取っていく。
ずっとバランスを取り続けていくと、字は凄くきれいになります。

味のある、個性豊かな字になります。
慌てて書いてはいけませんよ。

文字はゆっくり書くこと。
1文字、1文字、バランスを取り続けながら、考えながら書くこと。

忘れないように。
さあ、チャレンジです、頑張って。

一筆箋、自己紹介、挨拶状の例文

○○○株式会社 ○○部
○○部長 ○○○○様

いつも大変お世話になっております。
株式会社○○○ 営業部の○○○○です。

本日はお忙しいところ、お時間を割いていただきまして、
誠にありがとうございました。

私は熊本県の出身です。熊本県の有名人と言えば、くまモンです。
「身近にあるサプライズ&ハッピーを見つけて、全国のみんなに知ってもらうこと」
が、くまモンの仕事だそうです。

私はまだ研修中でございますので、何かとご迷惑をおかけすることが多いと思いますが、
「何か」をサプライズに、「ご迷惑」をハッピーに、変える力を養いたいと思います。
ご指導の程、よろしくお願い申し上げます。

平成○○年○月○○日
株式会社○○○ 営業部○○○○

新入社員のマナー、一筆箋の利点

一筆箋ははがきと同様、かつては略式な印象がありました。
昨今では、目上の方への贈り物の添え状としても利用されています。

目上の方宛の手紙でも、封書のほうがより丁寧な印象を与えるものです。
フォーマルな順序としては
封書、一筆箋、はがき、といったところでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ