[記事公開日]2016/02/24
[最終更新日]2017/01/31

雨の結婚式、披露宴。お祝いの言葉は何という

結婚式が迫っているのに、式の当日は雨が降りそうなんですね。
雨の結婚式、雨の披露宴、お祝いの言葉は、何と言ったらよいのでしょうか。

新郎および新婦、ご両家、ご親族のみなさま、
誠におめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。

だって、恵みの雨ですから。世界各国、世界各地で素敵なことわざがあります。
雨の日の、お祝いの言葉と、素敵なことわざを紹介します。

雨の結婚式、披露宴、幸せがふりこみます

皆さん、雨だとガッカリされますよね。
ところが昔から、雨は縁起の良い意味で伝えられています。

雨の日は、ふりこむという言葉にかけて、
ご両家に幸せがたくさん、たくさん、ふりこみますように、
というお祝いの言葉があります。

新郎新婦にお祝いの言葉をかけたいのだけど、とお悩みのあなたに。

お祝いの言葉を頭の片隅に、しっかり記憶しておきましょう。
ご両家に幸せが、たくさん、たくさんふりこみますように。
ご両家にたくさんの幸福がふりこみますように。

ご自分の覚えやすい、または言葉に発しやすい文言を練習してくださいね。

雨の結婚式、披露宴、世界各地で幸せがふりそそぐ

式に招かれたゲストが新郎新婦に花びらをふりかけるフラワーシャワー。

フラワーシャワーには、花の香りでまわりを清め、幸せをねたむ悪魔から
新郎新婦を守る、という意味が込められいるそうです。魔除けでもあります。
お2人の幸せを願って、そそぎましょうね、雨のように。

スポンサーリンク

余談ですが、近年では手作りのライスシャワー、折り鶴シャワー、紙飛行機シャワー
などもあるそうです。

雨の結婚式、披露宴、世界共通の言い伝え

女神が、新婦の一生分の涙を代わりに流してくださっている。
(ありがたいことですね。今後、新婦が流す涙は、うれし涙ですよね)

結婚式で雨に降られた花嫁は一生幸せに暮らす。
(幸せがふりこんでくるのでしょう)

雨の日の結婚式は神様がお祝いをしてくれて、天使が舞い降りてくる。
(なんて素敵な言い伝えなんでしょうね。雨の粒と一緒に天使が舞い降りてくる)

雨の結婚式、披露宴、フランス、イタリアのことわざ

Mariage pluvieux, mariage heureux.
マリアージュ プリュヴィウー、マリアージュ ウルー
雨の日の結婚式は、2人に幸運をもたらす。

フランスでは、必ず口にするのだそうです。

La sposa bagnata la sposa fortunata!
ラ スポーザ バニャータ ラ スポーザ フォルトゥナータ
雨の日の花嫁は幸せになれる

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ