[記事公開日]2016/02/08
[最終更新日]2017/01/31

お彼岸(おひがん)、2016年はいつになるのか。お墓参りやお墓掃除、お供え物のマナーなどまとめました

春のお彼岸は、3月春分の日をはさんで前後3日合計7日間
秋のお彼岸は、9月秋分の日をはさんで前後3日合計7日間
2016年はいつになるのか、また、お墓参りやお墓掃除、お供え物のマナーなど、まとめました。

2016年 平成28年 お彼岸の日程

春のお彼岸
彼岸入り 3月17日(木)
中日  3月20日(日)春分の日
彼岸あけ 3月23日(水)

秋のお彼岸
彼岸入り 9月19日(月)
中日  9月22日(木)秋分の日
彼岸あけ 9月25日(日)

お彼岸とは、毎年3月「春分の日」と9月「秋分の日」を中日として、
前後3日間を合わせた7日間のことをさします。

お彼岸に入る日のことを「彼岸入り」「彼岸の入り」といい、
お彼岸が終わる日のことを「彼岸明け」「彼岸の明け」といいます。

お墓参りのマナー

お彼岸のお墓参りについて、この日に行かなければならない、
という決まりはありません。
交通機関の混雑も考えられますので、早めのお参りが良いと思います。

お寺の閉まる時間もありますから、夕暮れのお参りは避けましょう。

お墓参りは、ご家族みんなでお出かけしませんか?
ご自身とそのご家族のルーツ、ご先祖様に手を合わせ、心静かに合掌してください。
心も落ち着いて、気持ちも良いですよ。

お墓参りの持ち物

数珠
お線香
ろうそく
マッチかライター、もしくはチェッカマン
お花
お供え物は故人の好きだったもの、お菓子、果物
お供え物を置く半紙 お習字用の紙で良いですよ

スポンサーリンク

お墓掃除のマナー

掃除道具を忘れずに
ほうき
バケツ
スポンジ
雑巾
歯ブラシ
ごみ袋
軍手
植木がある場合は剪定ハサミ
砂利が敷かれている場合はザル

墓地の雑草を抜きましょう。周囲のごみを拾って、ほうきできれいに掃きましょう。
植木がある場合は剪定し、砂利が汚れている場合はザルにあげて水洗いしましょう。

墓石は基本、水洗いです。苔の素晴らしい墓石もありますが、石を長持ちさせるためには
取り除くことをおすすめします。
石材専用の洗剤で洗います。必ず、目立たないところで試し洗いをしてください。

タワシは墓石を傷つけます。スポンジを使いましょう。
歯ブラシで文字彫刻の部分を磨きます。

水鉢や花立、香立てはゴミがつまりやすので綺麗に洗います。
ステンレスの花筒、線香皿などは中を取り出して丁寧に洗いましょう。

最後に乾いたタオルで水を拭き取ります。

お墓参りの持ち帰りもの 後始末

火の用心 ろうそくの火、お線香は消しましょう。
お花の包んであったセロファン
お花は、セロファンをとって花立てに飾りましょう。
お供え物 お持ち帰りください。
お供え物をご先祖様と分け合って頂くと供養になると言われています。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ