[記事公開日]2016/02/04
[最終更新日]2017/01/31

入学祝いの金額の相場、いつ、誰に渡すのか、またお返しなどについて

春の風物といえば卒業、入学、進学、就職、そして「お祝い」ですね。
入学祝いの金額の相場、いつ、誰に渡すのか、またお返しなどについてご紹介します。

卒業祝いと入学祝は両方渡すの?

お祝いごとが続きますので、卒業と入学が重なる場合は入学祝いを優先します。
卒業祝と入学祝の両方贈る必要はありません。

ただし、親戚関係で、お祝い事での約束や決まりがある場合は、
親戚間の約束や決まり事を優先しましょう。

また、先様から卒業祝いと入学祝もどちらも頂いていた、といった場合もあります。
やはり同じように、こちらも両方お贈りするのが良いと思います。

入学祝いはいつ贈るの?時期はいつまで?

お祝いの準備は早めに済ませておきましょう。
入学祝い・進学祝い・入園祝いは、入園や入学が決まったら、できることなら
入園式・入学式の2~3週間前までには贈りましょう。

正月に会う機会が有ったので、お年玉といっしょにお祝いを渡しておこうか、と考えがちですが、 それは「手抜き」と受け取られそうですね。まだまだ、春は先ですよ。

なかなか、会う機会に恵まれないこともあります。入学式の前に会う機会がなかった場合は、
入学の後にお祝いを贈ってもかまいません。

入学祝いは誰に渡すの?

一般的には、親や祖父母、兄弟姉妹など、親しい身内でお祝いします。
単なる仕事上のお付き合いでしたら、職場の上司や同僚に贈らなくても礼を失することはありません。

入学祝いにお金を渡す場合、入園・小学校入学ならばご両親さまに渡しましょう。
中学校入学は本人に渡しても良いでしょうが、ご両親さまのいる前で渡しましょう。
高校入学も同様、ご両親様のいる前で本人に渡しましょう。

お祝いを頂いた子供のご両親様も、その場でお礼を述べたいと思います。
和やかな贈呈式、をイメージしてお祝い金をお贈りしてくださいね。

入学祝の金額の相場は?

お身内や親戚関係で大まかな金額が決まっていることがあります。
親戚関係で、新入学生が1人、なら良いのですが、同じ学年の子供が複数人いたり、
小学校、中学校、高校、さらには大学まで見事に卒業と入園、入学が重なる場合もあります。

お祝い金の負担額が増え、家計を圧迫しかねない事態に陥る可能性もあるからです。
先ずは、ご家族で話し合ってくださいね。

さて、本題の「相場」です。
贈る側の年代で、例えば30歳代、40歳代で金額が変わる、とされていました。
贈られる側も、入学が小学校、中学校、高校、大学で金額が変わるとも。
近年では一律型も増えています。

パターンとしては3種に分けられそうです。ご紹介します。

贈る側の年代で金額が変わるパターン、金額の相場に幅があるようです。

贈る側が30歳代
小学校入学 贈る相手が甥・姪など 3千~5千円 ごく親しい友人・知人 3千~5千円
中学校入学 贈る相手が甥・姪など 5千~1万円 ごく親しい友人・知人 3千~1万円

贈る側が40歳代以上
小学校入学 贈る相手が甥・姪など 5千~1万円 ごく親しい友人・知人 5千~1万円
中学校入学 贈る相手が甥・姪など 1万~2万円 ごく親しい友人・知人 5千~1万円

受け取る側で金額が変わるパターン

小学校入学 3~5千円
中学校入学 5千円
高校入学  5千円~1万円
大学入学  1万円~数万円

小、中、高校、大学入学と関係なくお祝い金を一律で決めたパターン

一律 1万円

スポンサーリンク

お祝いの品物を贈る場合

ランドセルや学習机は祖父母から贈られることが多いようです。
「お祝いに何が良いか」と先方に尋ねるのは失礼だとされていましたが、
ごく親しい間柄ですし、現在では「せっかくのお祝いなので喜ばれるものを選びたい」
という気持ちが先に立つようになりました。

ですから、同じものが重複しないように、希望の品物を尋ねても良いと思います。
お祝いですから、喜んで頂けるような品物が良いですよね。

祝儀袋、のし紙・熨斗紙、について

水引の結び目には2種類あります。「蝶結び」と「結びきり」です。
入学祝は、現金を祝儀袋に入れる場合も品物を贈る場合も紅白の蝶結びです。

のしの表書きは、「入学御祝」「祝御入学」「御入学御祝」など。
可愛らしい作りの祝儀袋や「御入学おめでとう」と印刷された祝儀袋もありますね。
喜んでいただけるような祝儀袋を選んでください。

祝儀袋の包み方に注意しましょう。外袋の裏側の折り返しの部分、ここが注意するところ。
慶びを「受ける」と覚えましょう。下から上に折り返す部分、これが上です。

入学祝いのお返しは?

基本的には、収入のない子供への入学祝いのお返しは必要ありません。

お祝いを頂いたお子様からお礼をさせましょう。
電話でしたら、お子様本人から「ありがとうございます」の一言を述べさせましょう。
その後、ご両親からお礼状を出しましょう。丁寧な対応になると思いますよ。

お礼状を書かせる場合ですが、まだ文字の書けない年齢でしたら絵を描いてもよいですよ。
その絵の横にでも、お礼の言葉を代筆してあげましょう。
できれば、入学式の日に校門前や玄関前で撮影した写真も同封してください。喜ばれますよ。

お返しは子供の名前で

家族での話し合いの結果、お返しが必要と判断される場合もあるかと思います。
内祝いを贈る場合は、頂いたお祝いの 1/3~1/2
水引きは白赤の蝶結びのものを使用します。のしの表書きは上段が「内祝」下段は子供の名前にします。

お返しをする時期ですが、入学祝いをもらった日から1か月以内。
4月中が良いですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ