[記事公開日]2016/02/26
[最終更新日]2017/01/31

妊婦の花嫁。結婚式、ウエディングドレスを選ぶ時期やおすすめのデザイン

おめでた婚、授かり婚、といわれ、お腹の赤ちゃんも一緒に披露宴。
妊婦の花嫁さんは幸せですね。
妊娠中の体に負担がかからないように、ウエディングドレスを選ぶ時期と
おすすめのデザインをご紹介します。

妊婦の花嫁。結婚式、ウエディングドレスを選ぶ時期

結婚式のドレスはつわりが終わってから、ゆっくり選びましょう。
焦らず、慌てないことです。

ウエディングドレスは出会いです。
あなたに似合う、あなたを素敵に魅せるウエディングドレスと必ず出会えます。

つわりの酷い時期に無理に選ばないこと。

苦しくなると、もう何でも良い、どうでも良い、と思うのは
人間だれでもそうなんです、あなただけではありませんから。

せっかくのウエディングドレスです。
ご自身の体調を見計らって、丁寧に選びましょうね。

あなたの気分がウキウキするような、素敵なデザインを探しましょうね。

妊婦の花嫁。結婚式、ウエディングドレスは式前に再度試着しましょう

ウエディングドレス選びは式の近い日が良いと思います。
お腹周りは週ごとに変わることがあります。また、個人差もありますので、
妊娠月数がこれくらいだから、お腹周りはおおよそこれくらいになる見込み、
といった、目安になるもがありません。

不安な場合は、式の数日前にも、もう一度、試着をおすすめします。
不安の無い場合も、出来れば試着ておきましょう。

スポンサーリンク

妊婦の花嫁。結婚式、おすすめウエディングドレス

たくさんのドレスがあって、選ぶのが大変だと思います。
お腹に負担が少なく、また体形もカバーでき、デザインの種類も豊富にある
次の3点をおすすめします。
Aライン
プリンセスライン
エンパイアライン

Aライン
ウエスト部分がすっきりとしています。下にいくほどスカートが広がって
全体のラインがAの形になるデザインです。

エレガントな印象を与えます。ウエスト位置が高めで、足長効果もあります。
Aラインのウェディングドレスはデザインの種類が豊富で、選ぶのが楽しくなります。

プリンセスライン
お姫様ドレスといえばプリンセスラインのウエディングドレスです。

ウエストから下のスカートがふんわりと広がったデザインです。
お腹に負担がかからず、ボディラインを美しく見せてくれます。

エンパイアライン
胸下の切り返しから裾に向かって直線的にスカートが広がるデザインのことです。
お腹を締め付けず、ボディラインを隠せるため、妊婦さんの体型をカバーしてくれます。
体形に合わせやすいデザインです。

大人っぽいスタイルから、フェミニンな少女っぽいスタイルまで、コーディネートによって
変化が楽しめます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ