[記事公開日]2016/06/16
[最終更新日]2017/01/31

【一筆箋】書き方。(昇進、栄転、転勤する上司へ)お礼の例文、文例。

勤務先、職場の上司が昇進や栄転で移動になった場合、一般的には、上司と同じ、部署の部員でお祝いをします。
個人的にお世話になり、親しくしていた上司へ、個人でお祝いを贈ることも失礼ではありません。

ここでは、親しく(お世話になった)上司へのお礼を一筆箋で書く際の、例文、文例を紹介します。

一筆箋。栄転、転勤する上司へのお礼。文例、例文

(文例 №1)

○○ ○○様
ご栄転、おめでとうございます。
これまで大変お世話になり、□□部、部下一同、感謝の気持ちでいっぱいです。
ますますお忙しくなると思いますが、くれぐれもお体ご自愛ください。

□□部 部下一同

(文例 №1 個人の場合)

○○ ○○様

ご栄転、おめでとうございます。
これまで大変お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。
ますますお忙しくなると思いますが、くれぐれもお体ご自愛ください。

(あなたのお名前)

(文例 №2)

○○様

ご栄転、心よりお祝い申し上げます。
○○部長からこれまでにご指導いただいた事は、全て私達□□部、部下の大事な財産となっています。
今後も、才腕を発揮して新天地でもご活躍されますようお祈りしています。
ささやかですが、フルーツギフトを贈らせて頂きますのでご笑納ください。

□□部 部下一同

(文例 №2 個人の場合)

○○様

ご栄転、心よりお祝い申し上げます。
○○部長からこれまでにご指導いただいた事は、私の大事な財産となっています。
今後も、才腕を発揮して新天地でもご活躍されますようお祈りしています。
ささやかですが、フルーツギフトを贈らせて頂きますのでご笑納ください。

(あなたのお名前)

 

一筆箋 栄転 転勤 上司 お礼

引用:日本ホールマーク

(文例 №3)

○○部長
ご栄転おめでとうございます。
部下一同、これまでの○○部長のご指導を胸に、ますます精進したいと思います。
これからもお体を大切になさって、ますます御活躍なさいますことを心よりお祈り申し上げます。
近くへお越しの際は、ぜひお顔を拝見させていただけると嬉しいです 。

□□部 部下一同

スポンサーリンク

(文例 №3 個人の場合)

○○部長
ご栄転おめでとうございます。
これまでの○○部長のご指導を胸に、ますます精進したいと思います。
これからもお体を大切になさって、ますます御活躍なさいますことを心よりお祈り申し上げます。
近くへお越しの際は、ぜひお顔を拝見させていただけると嬉しいです 。

(あなたのお名前)

(文例 №4)

○○主任

ご栄転おめでとうございます。
○○主任のおかげで、たくさんの経験をさせて頂きました。
言葉では言い尽くせないほど感謝致しております。
いつも明るく、元気よく、優しく声を掛けてくださった、あの気遣も忘れません。
新しい部署に行かれてからも、公私にわたり益々ご活躍されますようお祈りしております。
ありがとうございました。

□□部 有志一同

(文例 №4 個人の場合)

○○主任

ご栄転おめでとうございます。
○○主任のおかげで、たくさんの経験をさせて頂きました。
言葉では言い尽くせないほど感謝致しております。
いつも明るく、元気よく、優しく声を掛けてくださった、あの気遣も忘れません。
新しい部署に行かれてからも、公私にわたり益々ご活躍されますようお祈りしております。
ありがとうございました。

(あなたのお名前)

一筆箋。あきらかな左遷人事の場合は

この人事異動は明らかに左遷、と思われる場合は、「ご栄転」は避けましょう。
部下として、不本意な思いを伝えたいので「突然の人事異動」といった表現でおさめましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ