[記事公開日]2016/07/11
[最終更新日]2017/01/31

一筆箋の書き方。結婚式、披露宴招待状に一筆添える(披露宴欠席の場合)謝罪文、文例、例文

結婚式、披露宴に招待されたのに都合がつかず、残念ながら欠席してしまう場合の結婚式、披露宴招待状に一筆添える謝罪文、文例、例文を紹介します。

参考にして頂ければ幸いです。
アレンジしてご利用ください。

結婚のお祝いには使わない言葉

忌み言葉と重ね言葉。
親しき仲にも礼儀あり、大人のマナーを覚えておきましょうね。

切れる、戻る、別れる、分かれる、終わる、割れる、逃げる、返す、冷える、飽きる、離れる、重ねる、再び、度々、いろいろ、またまた、死、四、苦、九

多忙、忙しい、忙殺は新郎新婦に失礼に当たるので使わないように、心がけましょう。

披露宴に欠席する場合、結婚式・披露宴招待状に一筆、添える謝罪文、文例、例文

おめでたい理由(結婚式の先約、出産)での欠席や、以前から日程が決まっている出張や研修、試験、受験での欠席。
相手側も納得できる理由なら書いた方が良いとされます。

弔事、忌中の不祝儀、病気、けが、治療で入院中、などの事情なら言葉をにごして書くのが大人のマナーです。
(文例 №1)

ご結婚おめでとうございます。
お二人の晴れのお席にせっかくお招きを頂きましたが、あいにく当日は所用があるため残念ながら欠席させていただきます。
お二人の末永い幸せをお祈りしています。

(文例 №2)

ご結婚おめでとうございます。
○○さんのウェディングドレス姿を楽しみにしていたのですが、出産の予定日が近いため残念ながら欠席させていただきます。
幸せいっぱいの家庭をお二人で仲良く作ってくださいね。

(文例 №3)

結婚おめでとうございます。
あいにく子供がまだ生後間もないので残念ながら欠席させていただきます。
お二人の末永い幸せをお祈りしています。

(文例 №4)

このたびはご良縁がととのいましたこと、誠におめでとうございます。
あいにく出張・研修の予定が入ってしまいました。
現時点では帰省が不透明のため、残念ながら欠席させて頂きます。
お二人の末永いお幸せをお祈りします。

スポンサーリンク

披露宴に欠席する場合、結婚式・披露宴招待状に添える一言

仕事、ビジネスの間柄でも「お世話になっております」といった一文は控えましょう。
お祝いが業務の一環のように受け取られます。

(文頭に使えます)

このたびはご良縁がととのいましたこと、誠におめでとうございます。

ご結婚が決まったとのこと、心よりお祝い申し上げます。

おふたりの末永い幸せをお祈りしています。

(結びに言葉に使えます)

お式の準備が大変でしょうが、体調を崩さぬようご自愛ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ