「2016年2月」の記事一覧

入梅(にゅうばい)とは。入梅と梅雨の違い、入梅いわしの旬について

入梅 梅雨 入梅いわし

入梅(にゅうばい)、俳諧(はいかい)では「梅雨の入り」「ついり」「梅雨めく」 ともいいます。ともに、夏の季語で・・・

土用、丑の日、うなぎの日。2016年夏の土用は大忙し。土用坊主と土用三郎。

土用 丑の日 うなぎの日 土用坊主 土用三郎

土用は暦の雑節の1つです。1年に4回あるのですが、一般に土用というと うなぎを食べる習慣がある、夏の土用をさし・・・

妊婦の花嫁。結婚式、ウエディングドレスを選ぶ時期やおすすめのデザイン

妊婦 花嫁 結婚式 ウェディングドレス 選び方 おすすめ

おめでた婚、授かり婚、といわれ、お腹の赤ちゃんも一緒に披露宴。 妊婦の花嫁さんは幸せですね。 妊娠中の体に負担・・・

新郎。披露宴でゲストの皆様への謝辞、挨拶、例文を紹介します

新郎 謝辞 挨拶 例文

新郎の、ゲストの皆様への謝辞、挨拶は、2~3時間行われる披露宴の最後に行われます。 披露宴の最大の締めくくりが・・・

雨の結婚式、披露宴。お祝いの言葉は何という

雨の結婚式、披露宴 お祝いの言葉、いいつたえ

結婚式が迫っているのに、式の当日は雨が降りそうなんですね。 雨の結婚式、雨の披露宴、お祝いの言葉は、何と言った・・・

八十八夜とお茶。新茶を飲んで1年間の無病息災を願いましょう

八十八夜 新茶 無病息災

春の季語、八十八夜。立春から数えて88日め。 毎年、5月2日か3日ごろになります。 八十八夜に摘み取られたお茶・・・

産土神(うぶすながみ)を参拝する、社日(しゃにち)とは、社日の意味をまとめました

産土神 社日 雑節

産土神は、うぶすながみ、うぶしなのかみ、うぶのかみ、と読みます。 社日(しゃにち)に参拝するのですが、時代と共・・・

花見の持ち物、必需品。あったら便利な小物をまとめました

花見 持ち物 必需品 あったら便利な小物

日差しが柔らかく、吹く風に穏やかな良い心地を感じたら、 お待ちかね、花見の季節、到来です。 花見の持ち物、必需・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ